ジャカルタ, 2020年2月12日 – PT. Yasunli Abadi Utama PlastikYasunli)は、インドネシアで最高のプラスチック製造業に従事しる会社です。歴史的に、Yasunliという名前は、創設者、すなわち「ヤウ」の姓に由来している。  1980年に設立され、その際にYasunliは3台成形機しか持ってないのだ。しかし、今日まではYasunliがブカシとタンゲランにある6工場に309台の成形機が持っている。今までの作業者は5000名がいる。       40年間の間にB2B(business to business)ビジネスを実装し、Yasunliは、プラスチックをインドネシアの人々の日常生活に便利なさまざまな製品に変えることに成功している。 われわれが気づかずに、毎日の使用する製品はヘルメットやバイクと洗濯機とプリンターとの為のプラスチックのパーツなど、Yasunliの貢献の一部である一連のプラスチックで作られている。 過去10年間、Yasunliは200%の成長を記録している。 最大の貢献は洗濯機製品からです。なぜなら、40%がYasunliによって生産されているからです。
WhatsApp chat